最新免疫細胞療法の診察・薬。癌治療方法(良性/悪性腫瘍)やアカラス症等の免疫療法 野田阪神動物病院|癌治療

野田阪神動物病院 癌治療 大阪市福島区大開|小動物犬猫の獣医療治療法 TEL06-6468-7600
野田阪神動物病院 大阪市福島区大開画像
  シェアお願いします

動物病院TOP > 免疫細胞療法

様々な免疫疾患や癌治療の免疫細胞療法

癌治療当院では免疫細胞療法を研究しており、下記のような自家腫瘍ワクチン療法リンパ球療法等、様々な免疫疾患に対応しております。

良性腫瘍・悪性腫瘍や免疫疾患の治療等は当院にご相談下さい。

最新の免疫療法【自家腫瘍ワクチン療法(癌治療)】

腫瘍免疫療法は、第一に免疫を司る「樹状細胞」の役割が解明されたこと、第二に腫瘍細胞(癌細胞等)に発現する「目印」(腫瘍抗原)
が次々と発見されたことから大きな進歩を遂げました。これにより、樹状細胞を体外で培養し、腫瘍抗原を樹状細胞に取り込ませてから体内に戻し、腫瘍を攻撃させる免疫療法として樹状細胞ワクチン療法が確立されました。しかし、体外で培養された樹状細胞に腫瘍抗原を取り込ませ、活性化させることは容易ではありません。そのため、免疫療法としての樹状細胞ワクチン療法は期待されたほどの効果が認められていません。この問題を解決するため、樹状細胞に物質を容易に送達(取り込ませる)できる人工マイクロカプセルのカチオニックリポソームに自身の腫瘍抗原を封入し、生体に戻すことで体内の樹状細胞を活性化させる「自家腫瘍ワクチン療法」が開発されました。生体内で、樹状細胞が目印を封入したカチオニックリポソームを取り込んで、その抗原をリンパ球に伝えることにより腫瘍を攻撃させる免疫システムを活性化させる免疫療法です(図1)。 

特異的腫瘍免疫療法である「自家腫瘍ワクチン療法」は、「抗腫瘍免疫における司令塔(樹状細胞)を活性化させ、特異的に腫瘍を攻撃できる兵隊(活性化したリンパ球)を次々と育成して、敵(腫瘍)を集中的に破壊させる」ため、他の治療法(活性化リンパ球療法、化学療法、放射線療法など)と併用することで、より効率的な治療法になると期待されます。

以下に、自家腫瘍ワクチン療法の概要を説明します。

癌治療

いろんな免疫疾患に対応【リンパ球療法】

自身の免疫細胞(リンパ球)を体外で特殊な方法によって培養を行い、活性化した免疫細胞(リンパ球)を再び自身の体に戻すことにより体の免疫力を高め、病気を治療する方法です。
副作用をほとんど示さないという特徴を持っています。

免疫細胞療法の流れ
癌治療

免疫細胞療法に用いる活性化リンパ球は、自己のものを約2週間、短期間培養し活性化増幅させたもので、点滴により体内にもどします。
この方法で活性化し増幅した細胞のほとんどが活性化リンパ球です。
癌細胞やウイルスに感染した細胞などの異常な細胞を排除する役割を持ちます。
下記にアカラス症(毛包虫症)や癌治療等の治療例をあげます。

リンパ球療法治療例

以下に上げております症例は、左側が治療開始直後、右側が治療開始から2週間後のものです。

 アカラス症例(毛包虫症)   柴犬(12歳・メス)
左2枚は、治療前です。右が2度のリンパ球療法実施後の写真です。
アカラス症 アカラス症 アカラス症 
腫瘍症例(癌治療法)    ミックス犬(14歳・メス)
ずいぶん赤みが引いて、腫瘍(癌)も小さくなりました。
癌治療 癌治療
アカラス症例(毛包虫症)   フレンチブルドッグ(8ヶ月・メス)
2週間で、脱毛部分が変化して来ているのがよくわかると思います。
アカラス症 アカラス症
野田阪神動物病院 大阪市福島区大開|小動物犬猫の獣医療治療法 TEL06-6468-7600
 

PAGETOP

最新癌治療方法(良性/悪性腫瘍の薬)やアカラス症等の免疫細胞療法。癌治療の野田阪神動物病院 大阪市福島区大開 おすすめ癌治療法の免疫療法の薬
小動物犬猫の薬、診察おすすめ癌治療方法悪性。動物病院の最新癌治療法 値段 料金。薬の費用

このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。